チーズの匂いが嫌いな理由

チーズの匂いが嫌いな理由

乳の発酵は、穀物やブドウと同じで、基本的には管理・制限された腐敗過程である。
チーズは、動物性の脂肪やタンパク質が分解されて強い匂い分子が生じる。
これらのうちの多くが普通の腐敗過程でも作られ、また消化器官や人間の皮膚の湿って温かい部分に棲(す)む微生物などによって作られる。
腐敗臭に対する嫌悪は、食中毒の危険を避けるという意味で、有効である。

チーズを食べると悪夢を見る?

参考文献 マギーキッチンサイエンス

馬乳酒とは

馬乳酒とは

馬乳酒(ばにゅうしゅ)とは、主にモンゴルなどで馬のミルクから造られた酒である。
馬乳には7%ほどの乳糖が含まれる。乳糖はブドウ糖とガラクトースから成る二糖類である。
馬乳酒は乳酸菌と酵母によって、乳酸発酵アルコール発酵が進行する。

アルコール度数は、1~1.5度となっている。しかし、これを蒸留したアルヒ(モンゴルのウォッカに相当)は7~40度の蒸留酒となる。

参考文献 食品の科学 馬乳酒に関する微生物学的知見と機能性

牛乳は血液でできている

牛乳は血液でできている

牛の乳房には、太い血管が通っています。
この血管を流れる血液を材料として、乳房では牛乳が作られます。

血液に含まれる
●脂肪酸からは、乳脂肪が作られます
●アミノ酸からは、乳タンパク質が合成されます
●グルコースからは乳糖が合成されます

牛乳1ℓ作るのには血液が500ml必要とされています。

白い牛乳から黄色いバターができる理由

参考文献 一晩置いたカレーはなぜおいしいのか