卵は丸みのなだらかな方を上にして保存した方が良い?

卵は丸みのなだらかな方を上にして保存した方が良い?

卵はとがった方より、丸みのなだらかな方(鈍端)が殻が薄く、割れやすい
市販のパック入り卵や持ち運び用卵パックでは鈍端を上にして入れる形になっています。

しかし、家庭の冷蔵庫で保存する場合は、持ち運んだり、振動させたりするわけではないため、どちらが上でも問題ない

古い卵を塩水に入れると浮き上がる
なぜ茹で卵の殻が剥きにくいか?

参考文献 料理のなんでも小辞典

干しシイタケのうま味を強くする

干しシイタケのうま味を強くする

【方法】
1分間に4℃の割合で温度を上昇するゆっくりと60℃付近まで加熱する
方法としては、干しシイタケをもどし汁と一緒に蒸してみるとよい(ゆっくり温度が上がる)

【解説】
干しシイタケのうま味成分であるグアニル酸という成分は、もともと干しシイタケ中に多量に含まれているわけではなく、加熱調理中に作り出されるため、調理条件によってうま味の強さが変わってくる。
グアニル酸は、干しシイタケに含まれているヌクレアーゼという酵素によって核酸が分解されて作られます。しかし、干しシイタケには作り出されたうま味成分のグアニル酸を分解するホスファターゼという酵素も含まれており、これらの酵素のどちらが強く働くかによってうま味の強さが変わってきます

ヌクレアーゼ(うま味を作り出す方)
●しいたけの菌傘(きんさん)にあるひだ部分の表層部に多く分布している
●中性付近では60℃前後まで働く(干しシイタケでは50~70℃でもっとも多く生成

ホスファターゼ(うま味を分解する方)
●しいたけの菌傘の上部表層にかたよって存在
●酸性では60℃まで働く
●中性から微アルカリ性では40℃で働かなくなる
●ある程度、溶出したうま味成分が蓄積しないと働かない

酵素作用は高温になると失活するため、ヌクレアーゼ(うま味を作り出す方)をよく働かせ、ある程度うま味成分が蓄積したところで、ホスファターゼ(うま味を分解する方)が働かないように高温になるのが良い条件となります
電子レンジでの加熱では温度上昇速度が速く、うま味成分を作る酵素も分解する酵素も十分に働かないのでうま味は多く作れません

砂糖を加えてぬるま湯で戻す場合、うま味成分の生成が抑制されると考えられています
これは、浸透圧の影響で吸水や脱水が抑制されることで、うま味を効率よく作り出せないからだと考えられています

キノコは冷凍すると味が良くなる?

参考文献 料理のなんでも小辞典

魚の酢洗いについて

魚の酢洗いについて

魚を酢(水で薄めた酢)で洗うと、以下のメリットがある

●魚の表面についている細菌を殺菌することができる
→酢の中に含まれる酸がタンパク質を変性させる。そのため、細菌類の菌体であるタンパク質も変性されて育成できなくなる
酢のpHは2.0~3.0となっており、細菌類はpH5.0以下になると、ほとんど育成できない

●魚の口当たりがよくなる
→魚はタンパク質であるため、鮮度が落ちるとアンモニアなどが発生し、アルカリ側に移行する。タンパク質はアルカリ性になると柔らかくなり、ダレた状態になる
酢洗いにより、pHを酸性にすると、魚肉が締まり、口当たりがよくなる

魚臭さを取り除く
→魚の臭みの主体は魚肉中のトリメチルアミンオキシドが細菌によって分解され、トリメチルアミンというアルカリ性の物質である
酢洗いすると、中和され、魚臭さを除くことができる

参考文献 調理事典 プロのためのわかりやすい日本料理 料理のなんでも小辞典