梅酒を作るとき氷砂糖を使う理由

梅酒は青梅に焼酎と氷砂糖を加えて作るが、溶けやすい粉砂糖を使うと砂糖濃度がすぐに上がって、梅から急激に水分を吸い出すため(浸透圧による)梅にしわが寄り、香りや味も十分には引き出せなくなってしまう。
氷砂糖は入れた直後はかたまりの状態で、何日もかかってゆっくりと焼酎にとけていくので、十分に梅の香りや味を引き出すことができる。

参考文献 日本料理のコツ