グリンピースのにおいを取る

グリンピースのにおいを取る

グリンピースは青臭いさわやかな香りが特徴的である。
しかし、このにおいが苦手な人も少なくない。

このにおいは、豆に含まれる脂質が分解されて生じるヘキサナールと呼ばれる成分である。
ヘキサナールは、茹でることによって減少する
つまり、グリンピースを下茹でしてから調理すると、くさみを減らすことができる。

ゆでたグリンピースは少しずつ水を入れて冷やす

参考文献 一晩置いたカレーはなぜおいしいのか

ピーマンも熟せば甘い

ピーマンも熟せば甘い

トウガラシを辛味がないように改良したのがピーマンである。

ピーマンという言葉は、フランス語のトウガラシを意味する「ピマン」に由来している。
また、英名ではグリーンペッパー(緑のトウガラシ)やスイートペッパー(甘いトウガラシ)と呼ばれている。

そして、ピーマンも熟せば赤く色づき、苦味が消えて甘くなる

ピーマンの苦味をなくす方法
野菜の熟成

参考文献 一晩置いたカレーはなぜおいしいのか

子どもはピーマンが嫌い

子どもはピーマンが嫌い

植物の果実は、種が熟すと甘くなり赤く色づきます
しかし、熟さないうちは緑色で身を隠し苦味成分を持って食べられないようにしている

つまり、緑色のピーマンは、まだ未熟な果実です。
そのため、未熟なうちに食べられないようにピーマンは苦味物質を持っています。

人間の味覚センサーは、腐ったものは酸味と感じ、毒性のものは苦味として感じます。
さらに、子どもは味覚に敏感なため、毒性の可能性がある苦いものを嫌がります。
子どもたちがピーマンを嫌がるのは正常な感覚になります。

苦い物を食べる理由
ピーマンの苦味をなくす方法

参考文献 一晩置いたカレーはなぜおいしいのか