日本酒は翌日まで残りやすい?

醸造酒の日本酒は翌日まで残ることがおおいとよく言われます。
そのため、蒸留酒の焼酎が流行ったことがあります。
しかし、倦怠感や吐き気といった現象はアルコールによるものであるため、同じアルコール度数で同じ量を飲んだ場合お酒の種類による酔い方の違いはない

マウスの実験では、日本酒、赤ワイン、焼酎、ウイスキーを飲ませ、その後の行動と脳内のアルコール濃度およびアセトアルデヒド濃度を調べた結果、違いは認められなかった。

お酒はちゃんぽん(混ぜる)すると、二日酔いになる?


ここからは主観です
最終的に、摂取したアルコール量が同じでも
①飲むのにかけた時間
②食事全体に対してのアルコール濃度(水や食事など他の物と合わせて飲む)
③胃や腸からの吸収速度(炭酸やアルコールなど
④体質など
などによって、やはり酔い方は変わってくると思われる。

参考文献 日本酒の科学