泡の持続性

比較的簡単に水の純度を調べる方法があります

純粋な水は、気泡を安定させることがまったくできません
そのため、もし容器に入った飲料水を振ったとき、泡がしばらく残っていたら、その水には何かが混ざっていると考えられます。
(ジュースを振ったら、小さな泡が残る)

アイスクリーム中のタンパク質は、気泡が形成される際に気泡の安定性を高める役割を果たし、その結果、炭酸飲料とアイスクリームを合わせたものは、見た目やテクスチャーがより泡っぽくなる傾向があります。
クリームソーダやフロートをつくるときは、飲み物にアイスクリームをのせるようにすると、アイスクリームに飲み物を注ぐ場合よりも泡立ちを防ぐことができます。

乾いたグラスは濡れたグラスより泡立ちが良い
卵白をきめ細かく泡立てる理由

参考文献 新しい「料理と科学」の世界