大根おろしとニンジン

大根おろしにニンジンを混ぜるとよくないといわれる

【理由】
大根おろしのビタミンCが酸化されやすいから
→にんじんにはアスコルビナーゼとよばれるビタミンCの酸化をすすめる酵素(アスコルビン酸酸化酵素)が含まれるため、ニンジンをおろして混ぜると、ビタミンCの酸化が進むため

アスコルビナーゼの効力を失活させる方法として
●酢を少量加える
●ニンジンを短時間加熱する
がある

また、キュウリやカボチャにもアスコルビナーゼは含まれる

大根おろしは、おろしてから2時間で27%のビタミンCが酸化されるが、2割ほどニンジンを混ぜたおろしは2時間で95%のビタミンCが酸化される。

おろし器の違い
大根おろしの辛さの変化


ここからは主観です
色どり、風味、香りの向上など目的があるなら、ビタミンCの量を気にする必要は薄いと思います。

参考文献 「こつ」の科学