鏡餅の語源

鏡餅の語源

鏡餅は、三種の神器の一つ、銅鏡が由来になっている。
鏡餅の丸い形が、銅鏡に似ているため名付けられた。


ここからは主観です。

鏡餅は、日本書記に出てくる三種の神器を表している説がある。
餅は八咫鏡(やたかがみ)
橙(だいだい)は八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)
串柿は草薙剣(くさなぎのつるぎ)
を表している。

また、鏡餅が2段に重なっている理由は、大小の餅を重ねることで、月(陰)と日(陽)を表していると言われている。

おせち料理の意味
年越しそばを食べる理由

参考文献 雑学全集5530種類

味噌ラーメンができた理由

味噌ラーメンができた理由

味噌ラーメンが生まれたのは昭和38年(1963年)札幌の大衆食堂「味の三平」で生まれた。

ある常連の一人が豚汁にラーメンの麺を入れるように頼んだ。

毎回豚汁ラーメンを食べていたところ、そこからヒントを得て、改良して味噌ラーメンが生まれた。

ラーメン屋に〇〇軒が多い理由

参考文献 雑学全集5530種類

「たぬきうどん」と「きつねうどん」

「たぬきうどん」と「きつねうどん」

たぬきうどんの語源は、具を抜いていることから

タネ抜きうどん」と呼ばれ、そこから「たぬき」うどんとなったとされている。

一方、きつねうどんは、

狐の好物が油揚げだったことから「きつね」うどんとなったとされている。

そばやうどんの揚げ物の具の効果
関東の「そば」、関西の「うどん」

参考文献 雑学全集5530種類