スイカの種が身の中に散らばっている理由

今回はネタ話です

スカイの種は、胃や腸でも消化されないように、硬いガラス質で覆われている。
また、スイカの種はゆっくり時間をかけて胃腸を通り、できるだけ排出されないようになっている。
これは少しでも遠くまで運ばれるようにするためである。

スイカの独特の縞模様(しまもよう)も、もともとは鳥に見つかりやすいように発達したとされている。
また、スイカは熟してくると黄色くなり黄色と黒色の縞模様は非常に目立ちやすい色の組み合わせになっている。
さらに、スイカは中身が赤く。実が割れれば、鳥たちにより目立ちやすくなる。

スイカの果実は中心に行くほど甘くなっている
そのため、種が散らばっていると種を食べられやすくなるのである。

スイカに塩 味の対比効果
野菜と果物の違い

参考文献 スイカの種はなぜ散らばっているのか?