レタスを手でちぎる理由

サラダなどでは、レタスを手でちぎる場合がある。

【理由】
レタスに含まれるフェノール物質が、包丁の鉄と反応し、さらに酵素とくっついて褐色の物質に変化してしまう。
そのため、切ったレタスが褐変する場合がある。

手でちぎれば、はがれやすい細胞と細胞の間ではがされるため、細胞の中のフェノール物質は出てこない

ちぎりコンニャク
果物・野菜の褐変
紅茶にはちみつを加えると黒い沈殿ができる

参考文献 一晩おいたカレーはなぜおいしいのか