おにぎりを竹の皮でつつむ理由

おにぎりは食中毒が多い。
これは、手についている食中毒菌、(主にブドウ球菌)によるもの。
手で握った場合でも、これをいったんこんがりと表面を焼けば、付着した菌は死滅する。

また、竹の皮に包めば、殺菌性の高い亜硫酸が多く含まれ、防腐性のあるサリチル酸も含まれるため、日持ちする。
ラップフィルムを使う場合、握った直後に包むと、おにぎりの表面に水分が多くたまりここで細菌が増殖するので注意が必要。


ここからは主観です。
ラップフィルムごと、おにぎりを握れば手の菌はつかず食中毒を予防することができる。
ただし、おにぎりの表面がべたついてしまう。

参考文献 調理事典