ノンアルコールドリンクを料理に合わせる

ノンアルコールドリンクは、アルコールの特徴である「油脂を溶かす」「香りを揮発させる」といった効果が期待できない

【油脂を溶かす】
●代わりに、同じ働きをする「タンニン(茶やブドウに含まれる)」や「炭酸」が使える。

香りを揮発させる
●温度を上げたり、炭酸を使うことで補える。
●ハーブなどを使うと、ハーブの香り成分は水に溶けないため、揮発が促進され香りを強く感じる。

ワインとブドウジュースの違い


ここからは主観です。
上記の話は、ノンアルコールドリングを料理に合わせる場合、「料理」と「飲み物」の一つの考え方として覚えておくとよい。
炭酸が料理と合うのは、アルコールの代替として同じ性質をもっているからと考えられる。

参考文献 味・香り「こつ」の科学