サーモンの色

養殖サーモンは、天然サーモンより鮮やかで濃いオレンジ色をしている
養殖サーモンは甲殻類を捕食しないが、ペレット状のエサにはアスタキサンチン(カロテノイド系色素)が添加されているので、鮮やかなピンクオレンジ色になる。
これは、消費者の目を引くためで、色が赤いほど新鮮で、味が良く、品質がよいというのは間違いである。

黄身が濃い卵は栄養価が高い?
白身魚と赤身魚の違い
サーモンの天然と養殖の違い

参考文献 料理の大図鑑