鍋の熱伝導率を知る方法

今回はネタ話です

鍋によって、熱伝導率が違います。
熱伝導率が悪い鍋を使った場合、火にかけたときに加熱ムラができ温度の高い部分と低い部分ができてしまいます。
※鍋の厚さによっても変わってきます

鍋の熱伝導率を知る簡単な方法は、鍋底に砂糖を薄く広げ、コンロにかけることである。
砂糖の溶け方を見れば温度の高い部分、低い部分がわかる。
熱伝導率の高い鍋は砂糖が限りなく均一に溶ける

参考文献 ザ・フード・ラボ