ヨーロッパの風味について

各国の料理の特徴や独自性は、いくつかの風味の要素を組み合わせて作られるとされている。
オリーブオイルは、ヨーロッパの複数の食文化圏の風味づくりを担っています。

【南イタリア料理の風味・南フランス料理の風味】
●オリーブオイル×にんにく×(パセリor/andアンチョビ)

【イタリア料理の風味・フランス料理の風味】
●オリーブオイル×にんにく×バジル

【プロヴァンス料理の風味】
●オリーブオイル×タイム×ローズマリー×マージョラム×セージ

【スペイン料理の風味】
●オリーブオイル×にんにく×ナッツ
●オリーブオイル×玉ねぎ×こしょう×トマト

【ギリシア料理の風味】
●オリーブオイル×レモン×オレガノ


この他の文化圏を見てみると

【日本の風味】
●しょうゆ×日本酒×砂糖

【ベトナム料理の風味】
●魚醤×レモン

【北アフリカ料理の風味】
●にんにく×クミン×ミント

世界のフレンドスパイス

参考文献 香と食材の組み立て方