世界で最も硬い食品

今回はネタ話です

カツオ節は、世界で最も硬いと思われる食品です。
原則として、カツオの切り身を単純に乾燥させたものだが、サバおよびマグロなどの同様の加工品も存在する。
8世紀には、カツオ節は単に乾燥させただけの魚を指していましたが、1675年に土佐与市(とさのよいち)が魚の切り身を燻(いぶ)し、カビにより発酵させるなどの工程により、その味を改善する方法を見出しました。
現在は、カツオ節は日本の様々な港町で作られますが、土佐与市が鹿児島県枕崎で作ったのがその発祥です。

カツオ節からダシを取る

参考文献 食感をめぐるサイエンス