生野菜サラダは冷やしておく

野菜の細胞は、野菜全体の温度がたかいとき、非常にしなしなして歯切れが悪くなる。反対に10℃以下になると、シャキシャキと歯切れがよくなる。

この理由は、野菜の細胞に含まれるペクチンが、温度が高くなると溶け気味になり、10℃以下になると堅くなるだけでなく、非常にもろくなり、歯で噛んだ時に砕けやすくなる。

そのため、サラダは冷やしておくといっそう歯切れがよくなる

参考文献 調理事典