精油(エッセンシャルオイル)は油となじみやすい

天然香料は、天然原料(植物や動物など)から蒸留や抽出された精油(エッセンシャルオイル)を指します。

精油は水より軽く、水やお湯に垂らすと表面に油滴のように浮き、膜のように広がります。
また、精油は水に溶けにくく、アルコールや油に溶けやすいため、親油性(油に混ざりやすい)あるいは疎水性(水に混ざりにくい)とされています。
その為、精油という名前やイメージから油脂の一種と捉えがちですが、脂質から構成されているわけではなく、におい成分の集合体を指します

例:ニンニクの香りをオリーブ油に移す

ニオイ成分は変化しやすい物がある
ハーブを最後に入れる場合

参考文献 ニオイの不思議