味覚の単純反応時間

刺激の種類 反応時間(秒)
視覚 0.15~0.225
聴覚 0.12~0.185
嗅覚 0.2~0.8
味覚 0.305~1.08
痛覚 0.4~1.0
冷覚 0.15
温覚 0.18

上記の表は、数字が大きいほど反応時間がかかるということ(つまり、遅れて感じる

例えば、食べ物を口に入れた場合

温度(冷覚温覚)→風味(嗅覚)→(味覚)の順番に感じることが分かる

後から辛くなる理由

参考文献 人間工学