食前酒を飲む理由

食前酒とは、文字通り食事の前に飲むお酒の事。
食前酒を飲む習慣は、食欲を増進させたり会話を弾ませたりする目的で、19世紀のフランスで始まったとされています。

食前酒が食事をおいしくするメカニズムは、炭酸、酸味、苦味成分などが胃に軽く刺激を与えて胃酸の分泌を促すことで食欲増進をもたらすというものです。
また、アルコールが脳に作用してよりゆったりした気分にしてくれることで食欲が出てくる、という説があります

一般的には、軽くてさっぱりした飲み口で、アルコール分が強いものは避けます
また、甘味の強すぎる酒は食前酒に向きません。理由としては、血糖値が上昇して食欲の低下をもたらすことがあるからです。

西洋料理のコースで肉より先に魚を出す理由

参考文献 料理のなんでも小辞典