感情と味

あまり知られていないが、実は【感情】と【味】には密接な関係がある

味→感情
●苦いものを食べると敵意が増す
●甘いものを食べると情緒的(ロマンティック)になる

感情→味
●愛について考えている時、水を甘く感じる
●応援しているチームが勝った時、シャーベットをより甘く感じる

これは、感情と認知のプロセスによるものと考えられる

甘い→カロリーが多く体に必要→快感・幸せ
快感・幸せ→甘く感じる

苦い→毒・体に悪い→不快・緊張
不快・緊張→苦く感じる


ここからは主観です
当たり前のことですが、レストランで「美味しい料理を出しとけばいいんでしょ」なんてことはありません。やはり、その場の雰囲気やサービスの質、様々な環境要因により人の感情は変化し、そして感じる味は変化してきます。
書籍を読む限りでは、【わざと不愉快にさせて苦く感じさせる】っというのは無意味と思われます。(当たり前ですが)
やはり、気持ちよく食べてもらうのが良いでしょう。

懐かしい匂い

参考文献 「おいしさ」の錯覚  食べることの心理学