ビール瓶が褐色の理由

ビールは主に褐色(かっしょく)の瓶に入っていることが多い。
これは、青色光と紫外線を遮るためである。ビールが光にさらされると、光の粒子がビールの劣化につながる化学反応を開始させる。この時、光のすべての領域ではなく、かなり特定の領域が反応を開始させており、その光の波長は青色光(400~500㎚の波長)と、紫外線のスペクトル(400㎚以下)となっている。褐色瓶はこれら両方の領域の光を遮ることができるのである。(仮にビールが全領域の光で反応するなら、瓶は真っ黒になっていた)

缶もなかが見えない状態なので、効果は同様となっている。

褐色瓶・・・青色光と紫外線を遮る

緑色瓶・・・紫外線のみ遮る

透明瓶・・・光を遮らない

保存だけ考えるなら、全て褐色瓶にするべきだが、見栄えやマーケティング戦略(色)の理由から、様々な瓶の色が存在する


ちなみに、以前酒屋を経営しており、その時、褐色瓶はお金になったが、透明や緑色、青色などの雑瓶はお金を払って引き取ってもらっていた。

参考文献 カリカリベーコンはどうして美味しいにおいなの?