古米と新米の給水量

一般的に新米の水分は多く、古米は少なくなっています。
※ただし、現在は乾燥機の性能の向上や低温保存のため、古米と新米の水分量は昔ほど変わらないとされています。

米を十分吸水させた場合、新米、古米にかかわらず、ほぼ一定の水分量におちつきます
この性質により、古米でもふっくらと炊き上がります

正しいお米の吸水時間とは?

参考文献 おいしい料理が科学でわかる 「こつ」の科学