フグ毒について

フグの毒はテトロドトキシンといいます。
フグは自分で毒を作り出すわけではなく、食物から摂った毒を体内にため込むのです。テトロドトキシンの最初の生産者は藻類に付着する菌であると考えられています。それが食物連鎖を経て、高濃度化してフグに蓄積されます。

したがって、毒エサを摂取する機会のない※養殖フグは無毒です。しかし、天然フグといっしょに水槽で飼うと養殖フグも毒をもつようになる話もあります。

※ここでいう養殖フグとは、水槽で完全に隔離しているフグのことです。海にネットを張って隔離している養殖フグは、流れてくる毒エサを食べる可能性があるため安全ではありません。

フグ中毒の症状は摂取後20分~3時間で現れます。唇、舌先がしびれ、嘔吐、呼吸困難、血圧低下が起こり、最後に呼吸麻痺により死亡します。致死時間は4~6時間がもっとも多く、長くても8時間程度です。治療方法はありません。人工呼吸などの対症方法しかありません。

フグの種類によっては、全身にあるもの、特定の部位にだけあるものがあります。トラフグは、皮、肉、骨、精巣には毒が無く、卵巣と肝臓、血液には猛毒があります。


ここからは主観です
私はフグ調理免許(大阪)を持っていますが、免許取得の時に説明されたのが、近年は奇形のフグ(卵巣と精巣を両方持っている)が獲れる場合があり、絶対に食べてはいけないという話でした。

日本では、卵巣を食べれる地域があり、毒抜きがされており、珍味として食べられています。私も実際食べてみましたが、緊張しすぎて味は全く思えていませんでした(笑)

参考文献 毒の科学