好きな臭いと嫌いな臭い

糞尿や口臭などの不快な臭い(スカトール skatole)は、決して嗅ぎたくない不快臭である。ところが、2歳くらいの幼児だと、別段スカトールを不快に思わない。スカトールの匂いの部屋でも、バラの香りのする部屋でも、楽しそうに遊ぶという報告がなされている。
ところが、3歳半になると、スカトールの部屋が嫌いになる子供が半分になる。
年齢とともにスカトールの匂いが嫌いになってくる。

匂いの場合、経験と教育、学習によってその快・不快が決まってくるようだ。糞尿が汚いことを学習し、それを暗示する匂いが嫌いになったものと推測される。

懐かしい匂い


ここからは主観です。
私も実は、好きな臭いがある。それは、八角の匂い。恐らく、昔よく遊んだ部屋が八角の匂いがしたからだ。その為、八角の匂いを嗅ぐと懐かしく楽しい感じがするのだ。

しかし、料理として出てきたら別で、私にとって八角の匂いは部屋の匂いであって、食べ物の匂いではなかった。つまり、食べようとすると気分が悪くなる。
例えが悪いかもしれないが、トイレの芳香剤の匂いがする料理を食べるのと心情的には似ているような気がする。

参考文献 食品・料理・味覚の科学