ニンニクと口臭

ニンニクの中のアリシン(ニンニクの強烈な風味)は消化された後、独特な臭いを持つ硫黄系物質を生み出す。これが「口臭」の原因。分子が血液の中に吸収されてしまうため、この臭いを消すのは難しい。しかし、一緒に食べることで臭いを緩和させる方法はいくつかある。

植物系の食品にはアリシンを分解する酵素をもっているものがある
例 キノコ類、ゴボウ、バジル、ミント、ほうれん草、ナスなど

牛乳の中の脂肪はニンニクのにおい分子を包み込む

果汁の中の酸は、風味を出す酵素の働きを抑える

リンゴやサラダ菜は、においの分子を分解する酵素をもつ

参考文献 マギーキッチンサイエンス 料理の科学大図鑑 食材大全