99℃と100℃の違い

今回は、参考文献がない(どの書籍に書かれていたか忘れた)話ですので、ネタ話として聞いてください。

物体を茹でるとき、99℃と100℃(沸騰状態)では食材の熱の入り方が大きく違ってきます

それは、液体が対流しているかどうかの違いです。
分かりやすい例でいえば、熱いお風呂に入ったときじっとしていれば、「最初より熱く感じない」である。これは、体の周りの湯の温度が下がっているため。そのため、湯の中で動くと再び熱く感じるのである。

99℃と100℃(沸騰により対流が起こっている)状態では、100倍以上の熱の入り方に差が出るようです。

そのためパスタを茹でるときなどは、しっかり沸騰させてから茹でましょう。

熱の伝わり方について

参考文献 不明

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA