軟水と硬水

軟水や硬水っという単語を一度は聞いたことがあると思う。
これらは水中に含まれるミネラルの量によって決まる

カルシウム量×2.5+マグネシウム量×4=硬度
となっており、一般的に、
硬度100未満を軟水
硬度100~300を中硬水
硬度300以上を硬水
と分類している。

硬度が低いほど淡白・まろやかで飲みやすく、逆に硬度が高いほど味わい・舌触りにクセが出て、飲みごたえが独特の水になる

日本のミネラルウォーターは、ほぼ軟水に属している。日本はそもそも火山国となっており、地層に占める軽石状の火成岩の割合が多く、しかも山から海岸までの傾斜が大きい。つまり、雨は多く降っても、地下水が浸透して流れ出る速度が早いため、土壌にミネラルが溶けにくい。そのため、水源から汲み出した地下水を殺菌したミネラルウォーターも当然ミネラルの含有量が少なくなる。


ここからは主観の話だが、以前京都で焼酎の水割りを様々な硬度の違う水で割って飲ませていただいた。その時、割る水によって焼酎の味が変わるのを体験した。(思った以上に変わります)
焼酎本体も勿論だが、割る水にこだわるのも面白いかもしれない。

参考文献 おいしい料理には科学がある大事典