ちぎりコンニャク

煮物に使うコンニャクを包丁で切らず手でちぎっている場合があります。
これは「表面積を大きくする」という目的があります。

材料の表面積を広げることにより、熱の伝わり方をよくし調味料の浸透が容易になるという効果があります。

また、コンニャク独特の舌ざわりも、あまり滑らかな切り口より、ちぎる事によりよく味わくことができます。

参考文献 「こつ」の科学