食塩、並塩、食卓塩の違い

普段何となく使っている塩ですが、皆さんは意識して使い分けていますか?

食塩
一般的に広く使われている塩 
塩化ナトリウムが99%以上で炭酸マグネシウムを添加していないため、普通の料理に適している

並塩
漬物や加工用に使われる
塩化ナトリウムが95%以上で苦汁(にがり)が多く、湿っています。その為、乾燥塩より値段が安く業務用で使われることが多い。

食卓塩・クッキングソルト・キッチンソルト
塩化ナトリウムが99%以上で炭酸マグネシウムを0.4%添加している。
固結防止の炭酸マグネシウムが添加されているため、サラサラしている。しかし、炭酸マグネシウムは水に溶けにくいので吸い物などに用いると濁る

精製塩
塩化ナトリウムが99.5%以上で炭酸マグネシウムが0.3%添加している。
そのため塩味が強くサラサラしている

自然塩・天然塩
明確な定義がないが、一般には苦汁が多く湿っている。(一般的には苦汁が多いと複雑な味になると言われている)

アジシオ
これはAJINOMOTOの商品名です。食用塩に昆布のうま味の素を加えた塩


少量の場合はそこまで気にしなくても大丈夫ですが大量に使う場合、塩の種類によって重量や体積で測っても塩辛さに差が出てきます。(塩化ナトリウムの含まれている量が違うため)そのことは、常に意識していないといけません。

参考文献 NEW調理と理論 総合調理科学事典 AJINOMOTOホームページ