酒と料理酒の違い

スーパーに行くと料理酒を見かけることがありませんか?私は昔、料理酒は料理に特化したお酒と思っていました。

料理酒(料理に使用するお酒)にはいろいろなタイプがあるが、一般的なものは、①清酒に2%程度のを加えた「加塩料理酒」、②アルコールに糖類、アミノ酸、有機酸、清酒の成分などを加え、清酒の風味を出るように調整したアルコール飲料「合成清酒」の2種類です。

①の加塩料理酒は、塩分を含むため酒税がかからずその分安価です。
②の合成清酒は、酒税がかかるが、清酒よりも税率が低いので低価格になるという特徴があります。

ここからは主観になりますが、実際に料理を作る時「清酒」「加塩料理酒」「合成酒」のどれを使えばいいか?という問題です。
一般的には「清酒」を使うのがいいとされています。理由としては、①の「加塩料理酒」は料理の塩分調整が難しい。②の合成酒は「清酒」より風味が弱いなどがあげられます。

参考文献 調味料検定